自然農の種降ろしを、種まき機でやってみる。

草の海をぱっか〜んと切り開き、現れた聖なる人参たち。
去年はこの時期にあんまり雨が降らず、失敗した人参ですが、今年は大成功です。
 
 
こちらはわさび菜かなと思います。
冬のわさび菜はうまみがあってけっこう好きです。
 
ちなみにこれらは手押しの種まき機(シーダー)で蒔いてみましたが、大成功。
むしろ蒔きすぎました。
ちゃんと蒔けてるか心配だったので、2往復くらいしましたからね。
自然農では種降ろしというくらいですから、手で蒔くのが主流です。
でも楽したかったので、種まき機を試しています。
きちんと土をほぐしていれば、覆土・鎮圧までしてくれるので、らくちんです。
種の量もかなり節約できます。
 
 
種まき機は、アグリテクノ矢崎というところの「クリーンシーダー」を使っています。
種まき機はごんべえが一般的ですが、もっとかっちりしたのが欲しくて、高いですがこちらにしています。
今のところはけっこう使いやすいし、ちゃんと発芽してくれてます。
播種間隔もギアで細かく調整できるところも良いです。
ただ開墾したてで木の根っこが多かったりすると、スムーズに進みません。
その下準備が大変かもしれませんね。
まあ一年目だけやってしまえば後は問題ないと思いますが。
 
せっかく高いの買ったので、しばらくはこれでやってみようかなと思います。
 

0コメント

  • 1000 / 1000