畑の虫の観察会を開催しました〜

保育士さんであり、虫博士の内村さんと一緒に畑の虫の観察会を行いました。

大人、子供合わせて総勢30名くらいの賑やかな会となりました。

 

初めは畑を巡りつつ、野菜の説明とそれについている虫の説明も合わせて行いました。

害虫ももちろんいますが、それを食べる天敵もいます。


どちらが良いとか、悪いとかではなく、生態系がより複雑に豊かになることで、

自然と特定の虫だけが大量発生することがなくなるため、害虫の被害は少なくなっていきます。


虫のフンは日本の土壌に不足しがちなリンを補ってくれるため、むしろとても貴重な存在です。

鹿児島は特に火山灰土なのでリンは不足しがち。

なんていう御託なんて子供達は興味なし。

みんな虫とりに夢中です(笑)


実は僕も途中から虫とりに夢中になってしまい、写真をあまり撮っていません。


虫をとったあとは優一先生が虫を観察しながら、解説したり、虫の歌を歌ったり。

オオカマキ〜リ〜♪ チョウセンカマキ〜リ〜♪と今朝も我が子たちは歌っていました。

 

今回特に目立った虫は、いわゆる害虫でいうと

ダイコンサルハムシ、アオムシ、コオロギなど。


益虫でいうと

ナナホシテントウ、カマキリ、ハシリグモ、ジョロウグモなど。


それ以外では

シジミチョウ、モンシロチョウ、ヒメヒラタアブ、ミツバチ、バッタなど。

 

って感じでしょうか。次回からはもう少し詳しく記録に残していこうかなと思います。

NOTE FARM

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000