野菜が育ちやすい土とは?

こんにちは、そーやんです。

いつもお読みいただきありがとうございます。


今回はどんな土が野菜が育ちやすい土なのかということについて。

 実際は植物によって、 好む土質は違いますのが、 だいたいの野菜は以下のような土を好みます。


多くの野菜が好む土の環境    

①排水性:水はけが良い    

②保水性:水持ちが良い    

③通気性:フカフカしている    

④保肥性:栄養素が多く蓄えられている 


ここら辺は感覚的にも分かりやすいところかと思います。 

植物にとって水分は欠かせないものですが、多すぎると共生している微生物が呼吸できなくなったり、腐敗する菌が増える原因になります。 

通気性も同じように土の中で共生している微生物が呼吸するために欠かせないものです。 


保肥性は土の中に栄養素を溜め込む能力のことで、 ミネラルのタンクの役割をしている腐植が大きく関わっています。 

この中で特に①の排水性と②の保水性は一見矛盾しているようで、両立させるのが難しそうですよね。 

それを自然界ではどのように両立させているのか。 


次回はそれを見ていきます。

小さな暮らしの 畑屋さん

小さな畑のある暮らし、はじめてみませんか。

0コメント

  • 1000 / 1000