夏の畑仕事を乗り切る5つの秘訣とは?

 
こんにちは、そーやんです。
めちゃくちゃ暑くなってきましたが、体調など崩されてないでしょうか。
 
正直、暑いのかなり苦手で、
かといってクーラーもあんまり得意じゃないので、夏は苦手です!
毎年だいたい夏バテしてます。
 
 
そんな僕でも今年は結構平気です。
夏の外仕事にだいぶ慣れてきたし、コツを掴んできました。
 
暑い中の作業は嫌なものですけど、
それでも草の勢いが一番強いし、収穫も多い時期なので、
畑仕事は欠かせません。
 
今回はそんな夏の暑い中の畑仕事を乗り切るための
対策について、僕が普段きをつけていることを書いていきます。
水分、塩分補給、睡眠は当たり前すぎるので、割愛します。
 

①冷たいものの飲食はできるだけ少なくする

暑い時に飲む冷たい飲み物や、冷たいアイスなどはもちろん最高ですが、
やはり取りすぎると、胃腸が弱るからか、速攻で夏バテします。
僕はできるだけ熱いお茶を飲むようにしてます。
そうすると喉も乾きにくいし、
汗を早くかくので、結果的に体温が下がるのは早いです。
 
 

②夏野菜を食べる

あと、普通に水分を取るより、
スイカとかトマトなどで水分を取ると、
身体へのしみこみ方、喉の乾き具合が断然違います。
*スイカ食べるときはさすがに冷やしてますよ。
 
あと、個人的に食べ物としては、
ラタトゥユみたいな夏野菜を煮込んだやつが、
夏バテに効く感じがしています。
 
やはりその時期に取れる旬の野菜が、
一番そのひとの体を健康にしてくれるんですよね。
 
 
 

 ③長袖、長ズボンに首元を隠す帽子

最初は暑くて半袖とかでやってましたが、
結果的にやっぱり長袖、長ズボンが断然良いです。
早く汗をかくので、大量の汗をかいてしまえば、
そのあとは意外と楽です。
 
あとは首元が隠れるような、麦わら帽子とか、つばが長い帽子も必須です。
 
 

④積極的に暑さを感じに行く

これは人生のあらゆることにも言えると思いますが、
何かを嫌がって、それを避けようとすればするほど、
いつまでも苦しさが残る一方です。
 
暑いからといって涼しい環境の中だけで生活していると、
結果的に身体の体温調節機能は弱ってしまうので、
どんどんきつくなってしまいます。
 
むしろエイヤーッと暑さを積極的に感じに行く!ぐらいの
マインドで臨むと、意外と平気だったりします。
一度ぜひ日向ぼっこや、サウナだと思ってやってみてください。
 
 

⑤時間をかけて慣れていく

最後は、やはり慣れるのに時間がかかることを
理解しておくことも大切だと思います。
うちの親父が新規就農の人に、
自然のリズムに身体が慣れるのに4〜5年はかかる
と言ってますが、それくらい長い時間をかけて、
自分の体自身も慣らしていくつもりでいると良いと思います。
 
 

NOTE FARM

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000