畑づくり初心者が最も心が折れやすい時期!!!それを乗り越える秘訣とは?

 
こんにちは、そーやんです。
いつも読んでいただきありがとうございます。
 
 
 
いや〜実に暑いですね。
梅雨明けのこの時期の日差しはかなり厳しいものがあります。
 
そして畑づくり初心者の方が、
最も心が折れやすい時期でもあります。
 
 
 
春の時期は、慣れないながらも、頑張って鍬をふって、
意気揚々と畑を耕し、種まきして期待を膨らませています。
 
しかし梅雨の頃から、雨だからと畑に行く回数が減っていき、
それと反比例するように草の勢いが何倍も増してくるので、
だんだん畑が草に覆われていきます。
 
 
そしてやっと梅雨が終わった〜と思い、
畑に出ると野菜は草に囲まれていて、

野菜が育ってない!
収穫が思ったより少ない!
こんなくそ暑い中の草刈りは嫌だ!
 
となり、やっぱり自分には無理かな。。。
となってしまいます。
 
これは自然な農法に近ければ近いほど、
よりなりやすいと思います。
 
 
これでさらに近年は農家でも頭を悩ますような、
異常な長雨やゲリラ豪雨、猛暑などで夏野菜は特に育てにくく
なってきていますからね。
畑づくりは大変です。
断言しておきます。畑づくりは大変なのです!
 
 
何がそんなに大変にしているかというと、
僕は特に以下の2点かなと
 
①室外で過ごすことに慣れていない
②自然のリズムに合わせることに慣れていない
 
まず①ですが、今の私たちは日常を室内で過ごすことが当たり前になってしまいました。
なので、雨に濡れることであったり、
冬の寒さ、夏の暑さに適応できなくなっています。
 
そして二番目に日々のスケジュールも人間社会の都合で動いているので、
それと全く関係なく動いている自然のリズムに合わせることになかなか慣れていません。
 
 
もちろんどちらも最初はできなくて当たり前ですし、
やはり体が慣れるのに時間がかかります。
うちの親父もいつも慣れるのに、
4〜5年はかかるつもりでいなさいと言っています。
 
ですから、野菜を育てるのと同時に
自分自身も時間をかけて育てて行くことが必要になるのです。
 
 
 
 
 
ここが畑づくり初心者が乗り越える最初の壁なのかなと思います。
この壁を乗り越える秘訣は、
「その壁をすでに乗り越えている人と一緒にやること。」
かと思います。
 
自転車に乗る練習をするときも
誰かすでに乗れる人に見てもらって、支えてもらうのと一緒です。
 
 
自然と共に生きるということは、大変です。
一定の覚悟が必要です。
でもそれを一緒に乗り越えたとき、
それはあなたの生きる力となり、
かけがえのない一生の財産となるのだと僕は考えています。


ぜひ僕にそれを乗り越える手助けをさせてください。
あなたがそれを乗り越える覚悟を決めたとき、
僕も本気でそれをサポートしていきます!
 

小さな暮らしの 畑屋さん

小さな畑のある暮らし、はじめてみませんか。

0コメント

  • 1000 / 1000