カブや小松菜の間引き:開墾2年目の自然農の畑

 
みやま小かぶ早生丸葉小松菜(どちらも野口種苗)です。
4週間前の9月10日頃くらいに蒔いたものです。
 
いずれもクリーンシーダーで蒔いたものですが、かなり多くの芽が出ましたので、間引きします。
間引きを怠って、密度の高いままにしているとすぐ虫が来るので、タイミングが大事になります。
 
これらは間引き菜として、野菜セットにも入れていきます。
もちろん小さいですが、とても柔らかくて美味しいですよ。
 
ちなみにここの畑は2年目です。
薮になっていたところを開墾したところなので、有機から転換した場合よりも即戦力になります。
その代わり、鉄むぐらに代表されるようなつる性の植物や、トゲのある植物がなぜか多い。
そして低木の根っこがけっこう残っているので、それらをコツコツ取り除くのが手間ではあります。
畑全面を一度にやるのではなく、種まきや植え付けのときに邪魔になるところを、その都度取り除いています。

NOTE FARM

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000