わたしたちの目指すあたたかい世界観を絵本にすると…

  
あなたにとって、
あたたかい世界の中で生きているってことを
思い出させてくれる場所やきっかけはありますか?
 
 
 
ある日、
図書館から娘が借りてきた一冊の絵本。
 
「よんでよんで〜」とせがまれるままに
その絵本を開き、読み進めると、
 
 
なんとまぁ。
 
 
そこには、
 
わたしたち暮らしの畑屋のおとが実現したい
と願う世界が広がっていました。
 
 
 
絵本の中では、
 
この世に産み落とされ
生を得た「ぼく」が
ちいさな感動を重ねながら
少しずつ世界を広げていく。
 
「ぼく」はもちろん
泣くことだってある。
苦しいときもある。
 
 
でも、
世界のあたたかさに包まれている。
ささやかだけどゆるがないぼくのせかいは
いつも温かくて心地よくていい。
 
なんていいんだぼくのせかい。
 
 
 
◇ ◇ ◇
 
モノゴトに追われるような日常生活を送っていると
そんなことはつい忘れてしまいがち。
 
わたし自身もそうです。
悲しいけど締め切りに追われ、
子供たちとの日々のバタバタに追われ、
気がつけば時計をうかがって生活している毎日。
 
でもそんなとき
畑という場所に立つと、
ほんとうは私たちも、
そんな素晴らしい世界に生を得たんだということを
ふと思い返すことができる気がします。
 
温かい気持ちを思い出させてくれるきっかけとして、
これを読んでくださっているあなたの身近にも
畑みたいな場所やきっかけがあってほしいなと思います。
 
 
もちろん、畑じゃなくてもいいんです。
 
かといって、
大自然を感じに旅行に出かける!とか
一週間休みをとってリトリートに参加する!とか
そんな大それたことじゃなくても。
 
 
たとえば
雲を眺めてみる、とか
今日は摘み草をしてみる、とか
子どもと無心になって10分遊んでみる、とか。
日々の中に組み込めるささいなことでOK
 
(しいて言いますと、
畑は、これら↑すべて組み込めちゃうので
とくにオススメ!といったところでしょうか 笑)
 
 
 
自分だったら、どんなときに
「なんていいんだぼくのせかい」って
言えるかな?
と、ぜひ考えてみてください。
楽しくて心が安らぐひとときになると思います。
 
 
 
そのすてきな絵本というのは、こちら
 
 
 
中身が気になった方はぜひ、
こちらのサイトから、なんと全ページ!試し読みができます↓☆
(メンバー登録すると、全ページ読めます!) 
 
荒井良二 『なんていいんだぼくのせかい』
で検索して見てみてください♪
 
 
畑のあずまやにも図書スペースを作ろうと考え中です!
 

notefarm.

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000