新築のお庭を畑に!箱庭づくりレポート

こんにちは、そーやんです。
今回は素敵な新築のおうちのお庭で箱庭を作ってきました。
ビフォーはこんな感じ。
草が結構生えていまして、草を刈るところからやっていきます。
 
マンションやアパートから、庭付きになったばかりだと、
草刈りがなかなか行き届きにくいですよね。
 
 
掘る前から、生えている草の様子で分かりますが、
あんのじょう硬い!砂が多い!
 
まあ宅地だから当たり前ですけど
これではなかなか野菜は育ちません。
 
今回植える様な葉物なんかだと大丈夫かもですが、
できればゆくゆくナス、ピーマンとかも挑戦してほしいので、
土を掘って、下の方から土を作り直します。
 
 
こんな感じでホリホリ。
20cmくらい掘って、腐葉土を中心として、
ここのお庭の環境に合わせて土づくりしました。
 
そこからさらに15cm積み上げて、
35~40cmほどの良質な土の層を作っています。
 
土づくりは市販の肥料がなくても
落ち葉や雑草で作った堆肥などで十分に育つような
やり方をしていますので、
いづれ家主さんがひとりでも身の回りのものだけで
家族の野菜を育てられるようにしてあります。
 
また植物性のものだけの方がミネラルのバランスは整いやすく、
やさいも健康的に育ち、それを食べた人の体にとってもよいです。
 
 
そして苗を植えていきます。
 
寒い時期でも育つものや、
葉っぱを少しずつ採って行くことで、
長い間たべられるようなもの、
見て楽しめるものをチョイスしています。
 
 
出来上がりがこんな感じ。
落ち葉を周りに敷いて、
野菜や土の微生物にとって住みやすい環境を整えています。
 
またこの落ち葉の下にも、クリムソンクローバーという、
春に綺麗な赤い花を咲かせる豆科の植物の種を蒔いていますので、
これから可愛い芽が出てくるとおもいます。
 
Before
 
After
 
ちょっと寂しい感じもしますが、
あくまでも続けていける大きさ、
余裕をもって楽しめる大きさから初めてもらっています。
 
慣れてきたら箱を2個、3個とふやしてもらえればと思います。
ここなら6個は入りそうですね。
 
箱の周りを芝生を敷いてもらっても可愛いかもしれません。
 
 
ということで、存分に可愛がってもらえればと思います。
 
 
 
年内まではモニターさん募集していますので、
よろしければ一緒に作って、
可愛い野菜たちを眺めながら年越ししてみませんか?
 

小さな暮らしの 畑屋さん

小さな畑のある暮らし、はじめてみませんか。

0コメント

  • 1000 / 1000