心地よく夏の畑仕事をする方法

やっと梅雨も明けて夏ですね。

僕は体質的に暑さと寒さにあまり強くなく、夏の畑仕事は大の苦手です。

コツコツと続けることも苦手なため、実は最近週に1回くらいしか畑に行っておりませんでした。

畑の先生がこんなことで良いのだろうかという葛藤もありつつ。

 

しかし、最近発想の仕方を変えたところ畑に通うのが、苦ではなくなって来ました。

家で朝ごはんを食べ、子供達を保育園や小学校に送った後、

8時くらいに畑に来て、お湯を沸かしてコーヒーを淹れ、BGMをかけながら一服。

東屋の中は涼しい。

 

ちなみにスマホは家に置いて来ており、Wifiも繋がらないため、完全にオフラインとなります。

これがすごく良かった!圧倒的自由と開放感。

電話・スマホ・ネットにこんなにも自分が縛られていたなんて驚きです。

 

そして農に関する本を読んだり、思考の整理をしたり、ハンモックに揺られたりという至高のひとときを過ごします。

気が向いたら、体操や瞑想なども。

 

そのあとはオフラインでできるデスクワークしたり、

畑を歩きながら、野菜の収穫や写真撮影をします。

最近は特に虫の観察するのが好き。

昔は虫なんて全く興味ありませんでしたが、それぞれの虫の生態系の中での役割、他の虫や植物との関係が見えて来たことで、虫にはまってしまっています。

知らない虫ばかりだし、畑の中を探検するみたいで楽しい。

 

そしてこれらの後にやっと畑仕事をします。

まあ今は草刈りが中心ですね。

最近は新しい草刈りの仕方も見つけて、いろいろ実験中。

これについてはまた今度書きます。


そして一汗かいた後に、日本原産のハッカでフレッシュハーブティーを淹れて飲みます。

これがすんごい爽快感でびっくりします。

日本原産のハッカは外来のミントなどよりもメントールの含有量がかなり多いみたいで、すごくスースーします。

汗をかいた後に熱々のこのハーブティーを飲むのが爽快。

サウナの後の水風呂的な快感。


という感じで、畑仕事のために畑に行くのではなく、

畑で心地よい時間を過ごすことが第一目的で、

より心地よく過ごすために畑の手入れをするという発想の転換。

これ大事!

 

というわけで夏はしばらくこのパターンで攻めてみようと思います。

notefarm.

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000