【動画あり】かごしま未来170人会議でプレゼンしたよ。

こんにちは、そーやんです。

先日の1月20日に行われたかごしま未来170人会議。

イベントの概要については以下のリンクをご覧ください。

まあ、端的にいうと鹿児島で活動しているアクティブな人たちの集まりです。

だから熱量がすごい。

参加した目的としては、僕が持っているビジョンや、想いに共感する仲間を増やしたかったこと。

そして一緒にプロジェクトをしてくれるような人と繋がりたかったというのがあります。


僕は普段畑のことを教えていますが、

その先にあるのは自然と人が調和する社会であって、畑は入り口にすぎないので

その実現のためには、いろんな分野の人と繋がり、ビジョンを共有し、

具体的な行動として一緒に社会を面白くしていきたいのです。


プレゼンの内容がこちら。

なんと時間は1分!

プレゼンターが20人もいるので、まあこれくらいがむしろ良いというか、

テンポ良くて面白いと思いました。


まあ本当に僕の想いを伝えようと思ったら、台本なしで特攻してたと思いますが、

さすがに1分じゃ100%おさまらないので。

よりシンプルにしたつもりです。

このプレゼンはファシリをしてくれた、あいりちゃんと一緒に作ったものです。

彼女は大学3年生なのですが、小さい頃におばあちゃんの畑とかよく言ってたようで、

自然に対する想いに共通する部分があり、

そこの共鳴によってこのプレゼンが生まれたという感覚があります。

まず二人の中で深い部分を共有できたからこそ、より深いところから多くの人にも伝えることができたと思います。


僕が最初考えていたプレゼンは、循環型菜園の仕組みや面白さを伝えるところが中心だったのですが、あいりちゃんと話しているうちにやはり何かテーマを絞るなら、想いの部分にしようということになりました。


実際、気持ちをもっともっとのせたかったという後悔もなくはないですが、

「普段は人との共生のことばかり考えていましたが、自然との共生というより広い視野があるんだと気付かされて衝撃を受けました」

と言ってくださった方もいて、やってよかったなと思いました。


ワークショップの方もたくさんの方がご参加いただき、

具体的なプロジェクトになりそうな話もあり、良いご縁をいただいたなと思います。


個人的には「天文館に畑を増やす」というビジョンが現実的にまた一歩動きそうで、

とても楽しみです。

いや〜絶対面白い!


ということで、簡単ですが、報告は以上です。

お読みいただきありがとうございました。



ワークショップ・イベント情報

繰り返し使えて、手間がかからない!循環型プランターワークショップ


庭の雑草が宝の山に変わる!雑草堆肥づくりワークショップ

0コメント

  • 1000 / 1000