え!?あえて雑草のタネを畑に蒔いた?その衝撃の結果とは〜岡本よりたかさんのブログ記事より〜

***********************************

◯畑の寺子屋受講生 募集中!→詳細はこちら  

◯現在募集中の講座・ワークショップはこちら(9/13更新)

初めてましての方へ

◯そーやんて誰?という方はこちら

◯暮らしの畑屋についてはこちら
***********************************

 
こんにちは、そーやんです。
 
いよいよ明後日に迫ったよりたかさんのセミナー。
本当に楽しみ。
 
前回、岡本よりたかさんのブログの中で、
オススメの記事ランキングを紹介しました。
 
 
オススメの記事としてはこの3つなのですが、
実は僕が一番びっくりしたのは別な記事でした。
これはちょっとマニアックすぎるかなと思い、
ランキングから外したのですが、
僕にとってはドツボです。
 
びっくりしたのと、よりたかさん凄い!と思いました。
そしてこれは自分で発見したかった!と、若干悔しいのも笑
 
その記事がこちらです。
「自然の農法」
 
 
 
雑草と野菜の違い。
確かにタネが蒔かれる量が明らかに違うというのは、
言われたら確かにと思うのですが、
 
まさか自分で雑草カラスノエンドウのタネを蒔いて見たり、
野菜のタネを大量に何回も蒔いて見たり、
実際にあらゆる可能性を比較実験しているという事実。
 
そしてまさかの雑草のタネ蒔いても
芽が出ないという衝撃の結果に。
 
いや、マジでかっけーっす。
だってあえて雑草のタネを自分で採って、
畑に蒔いてみるなんて誰がしますか?笑
 
以前はあえてアブラムシが来るような
野菜栽培の仕方をしてみたって言ってましたからね。
いやあ、マジで痺れる。
(マニアックですみません)
 
それを探究心でやってみるところが、
凄い尊敬しますし、見習いたいところです。
 
 
よりたかさんの独自で奇抜でありながら、
そこまでも本質的な野菜栽培理論はこういう
地道な実験と観察の繰り返しの賜物なんでしょうね。
 
 
もしたまたま10月16日(月)のセミナーに鹿児島にいて、
仕事休めば参加できる!というラッキーな方がいましたら、
ぜひご参加ください。
notefarm-kagoshima.hatenablog.com
お待ちしてます!
 

NOTE FARM

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000