野菜たちが創る芸術空間!箱庭菜園 成長の記録。

お久しぶりです!そーやんです。
 
お庭に畑が欲しいという夢を叶えてくれたこの箱庭菜園。
(箱庭キッチンガーデンと呼んでたけど、しっくりこず。とりあえず箱庭菜園にしました。何がいいですかね〜)
めちゃくちゃ気に入ってます。
 
僕は結構気分屋で
ずっと同じことをやり続けられないたちなので、
水やりとか超苦手(しないといけないと気づいていてもやらない)。
 
畑も仕事として誰かと一緒にやるからこそかろうじて続けられているほどです。
そんな僕でも玄関の目の前で、
たった1平方メートルの面積であれば流石に続けられます。
雨が降るところなので、もちろん水やりは不要。
 
雑草も生えないように、
メインの野菜の下にもびっしりルッコラやクローバーなどのタネを
蒔いているので管理も超楽です。
 
何より可愛いくて、日々変化していくので見飽きません。
気温が低くて成長の鈍い今の時期でもこれだけの変化を楽しめるのであれば、暖かくなってくればさらに早いでしょうね〜
(ちなみにうちの畑はあまり日当たりが良くないので、さらに鈍いです)
 
では今までの成長の様子を見てみましょう。
 
 
10月29日 
我が家の庭に箱庭菜園完成!
まだ苗も小さいですね〜。
今の時期と大違い。
 
 
11月9日 
少し成長してきましたね。ルッコラとクローバーの芽も出てきました。
 
 
12月7日
それぞれが成長し、すごく素敵な空間ができていますね!
春菊の葉っぱがアクセントになっていていい感じです。
 
これも同じ日に撮影しました。
大きくなったものからどんどん収穫をしていきます。
 
12月27日
しょっちゅう食べていた春菊とレタスが小さくなり、
残った白菜の存在感が強くなりましたね。
 
寒さが厳しくなってきたので、地温が下がるのを和らげるために、
落ち葉をさらにたくさん敷き詰めました。
紅葉を入れたことでさらに素敵になりましたね〜
 
下のルッコラは結構収穫しているのですが、
たくさんタネを蒔いていたので、
まだまだ楽しめそうです。
彼らの存在も地温が下がりすぎるのを防いでくれています。
 
 
これからもしばらく変化が楽しめそうですね。
皆さんのお庭でも箱庭菜園始めてみませんか。

notefarm.

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000