野菜を育てるってどういうこと? 〜超初心者のための野菜づくり入門 Part1-1 〜

 
こんにちは、そーやんです。
前回の記事はこちら。
 
今回のテーマは「野菜を育てるってどう言うこと?」です。

これからみなさんには、野菜づくりを学んでいただくわけですが、
まずそもそも野菜を作るって何をすることだと思いますか。

どうやったら野菜は育つのでしょうか。
 

タネをまく。
肥料を入れる。
畝を作る。
水をまく。
草を刈る。
なんでそれらをするのでしょうか。
 
 
 
結論から言うと、私は野菜づくりとは
野菜が育ちやすい環境を整えること
 
だと思っています。
 
 
野菜はもともとどうやって周りの資源を使って、
どうやって芽を出し、
どうやって育ち、
どうやって子孫を残すのかを知っています。
 
 
つまり適した環境が周囲にあれば、
野菜は育つということです。
 
ですからこれから皆さんが学ぶのは大きく分けて、
1)どんな環境を野菜は好むのか
2)どうやってその環境をつくるのか
 
の2つになります。
 
 
これからまずPart1では「どんな環境を野菜は好むのか」を学び、
Part2では「野菜が育ちやすい環境をつくる」ための準備・計画について学び、
Part3では「野菜が育ちやすい環境をつくる」ための具体的な方法を学んでいきます。
 
 
〜目次〜
Part1:はじめに
1-1 野菜を育てるってどういうこと?
1-2 野菜が好む環境ってどんな環境? 
 
Part2:畑の計画・準備をしよう
2-1  場所選び
2-2  資材の用意
2-3  畑の状態を知る
2-4  畑の設計
2-5  作付け計画
 
Part3 : 実際に育ててみよう
3-1  土作り・畝立て
3-2  種まき・苗の植え付け
3-3  野菜の手入れ
3-4  収穫・片付け


どうぞ最後までおつきあいください。

notefarm.

農的な暮らしにシフトしたい方のために、畑づくりを通してより豊かで持続可能な暮らしの環境をデザインするための知恵と技術をお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000